毛ガニ一覧

父の日に!北海道産の美味しい毛ガニ

海明けのオホーツク海!流氷が沖へと去り、プランクトンを多く含んだ最良で最高の漁場です。流氷の下でたくましく育った毛がには、丸々と太っていて身入りは満点。甘みが強く、カニ味噌はとろけるような味わいです。

雄武産!浜ゆで毛がに(大)3尾入

美味しい毛ガニをお届けします!味と身入りが自慢の北海道は雄武産。甲羅を外して二度びっくり!だき(脚の付け根)も、胴体の中もカニ身がびっしりと詰まっています。この毛ガニなら間違いはありません!

毛ガニの漁期について

毛ガニは北海道の各地で水揚げされています。主に胆振、日高、網走、宗谷、十勝・釧路などが挙げられますが、漁期はがそれぞれ異なります。毛ガニの旬は冬というイメージがあるようですが、北海道では場所を変えながら一年中どこかで水揚げされているため、必ずしも冬とは言い切れません。

カニの解凍方法

最盛期に獲れたカニや魚を超低温で急速凍結!鮮度が良い状態をキープし、食材の旨味をしっかり閉じ込めて保存しています。最近では冷凍技術もさらに進歩し、より劣化のしにくい状態で長期保存が可能となりました。正しく解凍すれば、獲れたての味、ゆで立ての味をそのまま再現することができます♪

流水解凍

カニを上手に解凍するコツは、焦らずにじっくりと解凍することです。でも、急な来客などですぐにカニを使いたい場面が出てくるかもしれません。急いでカニを解凍したいときには「流水解凍」という方法を使います。冷凍カニの美味しさを逃すことなく、しかもスピーディーに解凍することが可能です。

生簀(いけす)のカニ

活カニに限ったことではありませんが、活魚を求められるお客様の多くは、「活魚=新鮮」、「冷凍品=味が落ちる」というイメージを持っているようです。このイメージ、残念ながらどちらも正解とはいえません。料亭などの生簀は、私たちが熱帯魚を飼うように、飼育を目的とした水槽ではありません。基本的に生簀の魚には餌は与えません。