ネットとグロス(重量について)

天秤

冷凍水産物の重量は、大きく分けて二つの表し方があります。「ネット(NET)」重量と「グロス(GROSS)」重量です。 「ネット」とは「正味」の内容量のことで、商品自体の純粋な重量を指します。一方の「グロス」は、商品の以外の袋や梱包資材、保冷剤や氷などを含めた、商品が梱包された状態での重量(総重量)という意味です。

「ネット」と「グロス」に違いを覚えておくと、カニや他の冷凍水産物を購入するときに役立ちます。海産物はもともと海水が含まれる上に、氷づけにして送られることが多いため、冷凍手順によっては正味量が変わってくる場合があります。また、加工前の活カニの重量と、加工後(ボイル)の重量では大きく差が出ます。一般的にゆでたカニの方が2~3割ほど軽くなります。

カニをネットで買うとき、商品ページに書かれてる重さが「ネット」重量なのか「グロス」重量なのかを確認するのも大切です。ほとんどのかに製品は冷凍で流通しています。冷凍品のカニの場合、カニそのものの重さに加えて、 グレース加工(乾燥や黒変を防ぐため、カニの表面に氷を付着させる。)で付着している氷の重さも加わります。 開封した時点で1kgあるカニでも、解凍すれば7~800gになることは少なくありません。

見落としがちな部分ですが、ネット通販を利用する際は、カニの「正味」の重量を把握することが重要です。単に〇〇kgと記載されているだけではなく、「凍結時で〇〇kg」や「解凍後は20%ほど重量が減ります」などの文言が書かれている方が親切ですね。

最も売れているのが、この本ズワイガニの生冷凍ポーションです。ネットやTVのグルメ番組でもお馴染み!殻をカットしたむき身の状態になっているので、手軽にしゃぶしゃぶが楽しめます♪6Lサイズを限定販売!当店のベストセラー商品です。