毛ガニの漁期について

毛ガニ

毛ガニとは(ざっくり復習編)

漁期についてお話する前に、まずは毛ガニの復習からはじめてみます。(詳しい説明はこちらのページをご覧ください。)

毛ガニとは、エビ目カニ下目クリガニ科に分類され、英名は Horsehair crab
ベーリング海東部から朝鮮半島東岸までの北太平洋の広い海域に分布するクリガニ科のカニで、日本では北海道沿岸各地から太平洋側では茨城県まで、日本海側では島根県まで分布し、水深30~200mほどの砂泥底に生息しています。

甲の形は雌雄で異なり、雄は縦長の楕円形、雌は雄に比べ幅が広く円形に近い形で背甲面も強く膨らんでいます。体はオレンジ色ですが、脱皮後の回復が進むにつれて徐々に黒ずんでいきます。大きさは雄が甲長15cm、雌は甲長12cm。ズワイガニやタラバガニなどと比べると脚が短く、ずんぐりした体型で、脚も含め全体が短い剛毛で覆われているため、それが名前の由来となっています。別名をオオクリガニと呼ばれていますが、クリガニとは種類が異なります。

北海道の毛ガニの産卵期

交尾と産卵は別の時期に行われ、交尾期は釧路以西海域では7~翌3月、噴火湾では6~12月で、産卵期は前者が7~8月と11~翌4月、後者が1~3月になります。
北海道では、甲長8cm以上の雄のみしか漁獲を許可しないなど、資源対策のための取り組みが行われていますが、その結果、資源を後に残すことになるだけでなく、むしろ水揚げ金額が増加するという効果ももたらしています。

産地で異なる漁期

毛ガニは北海道の各地で水揚げされています。主に胆振、日高、網走、宗谷、十勝・釧路などが挙げられますが、漁期はがそれぞれ異なります。胆振が6月~7月、登別から白老町沖が7月中旬から8月中旬、日高が12月~翌4月、網走から宗谷にかけてのオホーツク沿岸は流氷が明けてからとなり、網走で3月~8月、雄武町が3月下旬~7月下旬、宗谷が3月15日~8月21日、十勝・釧路で1月~3月・9月~12月の2回です。

毛ガニの旬は冬というイメージがあるようですが、北海道では場所を変えながら一年中どこかで水揚げされているため、必ずしも冬とは言い切れません。前述の漁期に当てはめると、春から夏にかけてはオホーツク産、夏は胆振や白老町などの噴火湾産、秋は釧路や根室沿岸産、冬は十勝沿岸産などとなります。

カニは本当に貴重な食材です。タラバガニやズワイガニ、根室の特産品と知られる花咲ガニであっても、そのほとんどが輸入品で占められています。唯一、毛ガニだけは常に旬の産地から入ってくる北海道産の味覚なのです。

北海道産の新鮮で美味しい毛ガニは通販でお取り寄せください。身入りは満点、かにみそは濃厚!間違いのない毛ガニだけを厳選してお届けします。ご贈答にも喜ばれる大サイズの2尾入セット。