流水解凍

水道水

カニの種類や部位、ボイルの有無などによって違いはありますが、美味しく解凍するコツは、焦らずじっくりと解凍することです。台所などに置いて室温(常温)で解凍しても良いですが、出来れば冷蔵庫の中で時間をかけてじっくり解凍するのが理想です。

ですが、急な来客などですぐにカニを使いたいときがあるかもしれません。急いでカニを解凍したいときには「流水解凍」という方法を使います。冷凍カニの美味しさを逃すことなく、しかもスピーディーに解凍することが可能です。

  1. 冷凍のカニをナイロン袋などに入れて密閉します。直接水に触れさせないためです。
  2. 袋ごとボウルに入れて水を張ります。
  3. ボウルに水道水を流し入れます。
  4. 15~20分ぐらいで半解凍の状態になります。完全に解凍しないのがポイントです。

季節や水温・水量などによって解凍される時間は変わります。生のカニポーション(むき身)は多少芯が残ってる半解凍の状態がベストです。完全に解凍すると、水分と一緒にカニのうま味成分も流れ出てしまいます。必ず半解凍で調理するようにしてください。

なお、早く食べるために電子レンジで解凍をする方もいますが、これはおすすめできません。解凍モードなど、解凍に適した設定は用意されていますが、加熱してしまうことに変わりはなく、上手に調整しないとカニのうま味成分まで流れ出てしまいます。

基本的にカニは時間をかけて解凍するのが正解です。今回紹介した流水解凍は、主に料理店などで使われている方法です。お客さんのオーダーにいち早く対応するため、短時間で解凍する必要性が出てくるためです。