生簀(いけす)のカニ

活タラバガニ

当店では主に冷凍品のカニや海産物を販売しています。
食品を冷凍で保存するという方法は、現代では最もポピュラーな保存方法です。魚や肉を冷凍すると、酸化や細菌の繁殖を抑えることができるので、賞味期限が格段に延びるのです。

最盛期に獲れたカニや魚を超低温で急速凍結!鮮度が良い状態をキープし、食材の旨味をしっかり閉じ込めて保存しています。最近では冷凍技術もさらに進歩し、より劣化のしにくい状態で長期保存が可能となりました。季節を問わず、いつでも美味しいカニをお届けします!

当店は生鮮市場のような業務形態ではないので、鮮魚や活魚(生きたカニや魚)は取り扱っていません。前述のとおり、ほとんどが冷凍になったカニを販売しています。ですが、たまにホームページを見たお客様から「生きたタラバガニはありますか?」や「活毛ガニはありますか?」とお問い合わせをいただくことがあります。

申し訳ありません!当店では活カニは置いてません<(_ _)> とお断りすることになるのですが、その際に、どうして活きたカニが欲しいのですか?と聞いています。たいていのお客様は「自分でゆでて食べたいから。」といいます。意外にも?お刺身で食べたいというお客様は多くありません。

カニの種類にもよりますが、ご家庭でカニをゆでるのはそれほど難しくはありません。でも、取扱いが楽なのは毛ガニまででしょうか。タラバガニが入るだけの大きな鍋はなかなかないと思います(笑)。ゆでたてのアツアツな毛ガニを食べるのなら、新鮮な活毛ガニが必要ですね。

活毛ガニ

活カニに限ったことではありませんが、活魚を求められるお客様の多くは、「活魚=新鮮」、「冷凍品=味が落ちる」というイメージを持っているようです。このイメージ、残念ながらどちらも正解とはいえません。

活きた魚やカニを販売するためには、それを生かすための設備、生簀(いけす)が必要です。
カニ料理の専門店や料亭などに行くと、大きな水槽の中で重なり合ってるタラバガニや毛ガニを見ることがあります。生きているので元気そうに動いてはいます(笑)。でも、それが新鮮で品質が良いとはいえないのが事実です。

料亭などの生簀は、私たちが熱帯魚を飼うように、飼育を目的とした水槽ではありません。また、養殖(繁殖)させるわけでもないので、基本的に生簀の魚には餌は与えません。海水の補充や入れ替えはかなりの手間ですし、何より水を汚さないようにするのを優先します。

決して広いとはいえない水槽の中で、何日も空腹で過ごす魚たち…(;´д`)
どうなるか想像はつきますよね?魚は脂が抜けて食感も落ちます。活カニはもっと深刻で、ストレスで自分が持っている酵素で自己消化(溶けて)して身がやせ細り、カニ本来の旨味もなくなってしまいます。このような状態になってしまうと、生でもゆでても美味しくはありません。生簀で悠々と泳いでいる魚は、演出のひとつと考えていた方が無難かもしれません。

もちろん、生簀の全てが悪いわけではなく、専門店などで鮮度に特別気を遣うところでは、その日に水揚げされた魚介類を一時的に生簀で囲い、数日のうちに料理として出しているお店もあります。ただし、使い方が限られているため、生簀は小規模の設備が多いようです。

今年のタラバは絶対に”買い”です!1尾が2kg超の大きなサイズがこの価格!北海道新幹線開業を記念しての大特売。身がびっしりと詰まったタラバガニをお届けします!※数量限定品
北海道産の新鮮で美味しい毛ガニは通販でお取り寄せください。身入りは満点、かにみそは濃厚!間違いのない毛ガニだけを厳選してお届けします。ご贈答にも喜ばれる大サイズの3尾入セット。